乗り鉄が挑戦する乗りつぶしの楽しみ方

乗り鉄が考える乗りつぶしの定義には違いがあります。通過しただけで乗りつぶしをしたと判断する場合があれば、必ず下車して駅の外ヘ出る必要があると考えることもあります。通過するだけならば、効率が良くて早く目的を達成できます。

全ての駅で下車する場合には、途方もない時間がかかりますから大変です。
長大な路線であれば、1日で全ての駅で下車するには無理があります。

そのため、何回かに分けて行うことが主流です。


乗り鉄であっても、駅舎や駅前の風景は気になります。



全ての駅で下車するためには、一つの駅における滞在時間は短めとなります。現実には全国の鉄道路線を全て完乗することは、よほど暇な人でもなければ不可能です。

若い人でも挑戦する場合がありますが、老後で時間に余裕がある人のほうが挑みやすいものです。

全国は無理でも、関東や東北などの地域限定で乗りつぶしを達成することも有意義です。

乗り鉄が乗りつぶしを楽しむ場合には、駅スタンプを押してもらうことも楽しみとなります。


駅スタンプは駅のホームに設置されているばかりでなく、駅員に頼んで出してもらうこともあります。スタンプを押しておくことで、完乗した証拠となります。

他人に自慢するために重要なものとなるため、多くの乗り鉄は駅スタンプを保存しておきます。

基本も充実した乗り鉄に関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

下車したことの記録を残すためには、入場券を購入する方法もあります。

Yahoo!知恵袋に関する最新情報はこちらです。

さらに、乗車券に無効印を押してもらって記念として持ち帰ることもあります。